香港マカオで使えるチャイナユニコムのデータSIM使ってみた。

中国の深圳でLINEとFacebookができる!!香港では4Gで使えるようになったようでサクサクで快適ですが、マカオでは全然使い物にならないです。あと中国のシンセンでも電波が入ります。

SIMフリーのスマホに買い替えたので、せっかくなら外国でもスマホを使ってみようと必要ないけどアマゾンでデータSIMを事前購入しました。

必要ないと思ってたんですが、あるととても便利で暇つぶしに最高でした。

どのデータSIMが良いのかGoogleで検索すると色々出てくるんですね。現地で購入するってのも考えたんですが、香港マカオの両方で使えるって事と値段が手ごろだったので今回はこれにしておきました。

香港マカオのデータSIM

出発前にあまり時間がなかったので、未開封のまま香港へ持っていきました。

香港の空港に着くとベンチに座り、さっそくSIMカードの交換です。僕の愛機であるZENFONE3はSIMを取り出すピンが絶対必要なので忘れずに持っていく必要があります。

取り出したSIMのサイズに合わせて切り取ります。手で簡単に取れますが、失敗したら大変ですね。

香港マカオのデータSIM

日本で使ってるSIMカードをなくさないように財布にしまって、さっそく設定をします。

説明書を参考に設定を・・。

香港マカオのデータSIM

香港マカオのデータSIM

説明書を読んでるうちに自動で設定してくれたみたいで、アンテナが立ってます。

SIMカードを交換するだけで香港でスマホが使えるようになりました。

香港では電車やバスのなかでGoogleで日本と変わらないくらい快適に調べ物ができましたし、ラインやFacebookも使えて、なに不自由なく使えました。

フェリーで香港からマカオに移動します。

どのあたりで4Gから3Gに切り替わるのか見てると、かなりマカオ側に近づくまで4Gでした。切り替わる時にデーターローミングに切り替わるので高額な支払いに注意してくれとスマホ側から注意が出ますが、追加の請求はもちろん来ないです。

マカオに到着すると電波は入りますが、全然使い物にならないです。

Google検索も遅くてする気になりません・・。かろうじてラインとGメールがなんとかって感じです。

香港に戻るとまたサクサクに戻ります。快適です。

電車で中国の深圳に入りました。国境までは電波が入りますが、国境を抜けて川を渡り、中国に入国すると電波がなくなります。

当たり前と言えば当たり前ですが、テレビやラジオの電波みたいにちょっとは漏れてくるのかと思ってましたが、けっこうキッチリなんですね。

香港は物価が高いので、安いホテルと安いマッサージを目的に深圳に来ました。国境から電車で一駅の国貿駅のホテルを滞在します。

ホテルのWi-Fiではライン、Facebook、Google、もちろんGメールが使えません。

それが、なぜかラインとGメールを受信してます。

最初は不思議でした。

街をブラブラしてると、ポケットのスマホがラインを受信しました。日本では当たり前ですが。

えっ!!!!!!

どうして!!!!!!

電波が立てる!!!!!!!

香港から電波が漏れてきてるみたいです。

場所によってみたいですが、調子が良い時はケンタッキーでコーヒー飲みながらGoogleで快適に検索出来てました。もちろんダメなところはまったくダメです。

マカオ深圳は期待できないけど、香港では快適に過ごせるので1000円もしないこいつはかなり買いだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA